移植されたスマホゲームに感謝

占いを特別信じるほうではありませんが…

私は占いを特別信じるほうかというと、別にそういうわけではありません。
でもまったく気にしないかっていうと、そうでもないんですよね。
そして私みたいな人は結構いるんじゃないかと思います。
これって何だか不思議な感じだなぁと思うんですよね。
だって占いが当たるものなのか当たらないものなのかは基本的に2択なわけじゃないですか。
もちろん一部分だけ当たるっていうケースもあるでしょうけど、
「そういう不思議な予言的な力があるかどうかは2択」だと思うのです。
そしてこれがどっちなのか?はずっとハッキリしていない話ですよね。
日本でいうと卑弥呼の時代には、すでに占い(もしくはそれに類するもの)があったと聞きます。
しかも日本だけの話ではなく、世界各地であったようです。
それくらい以前から、本当に当たるものだとも当たらないものだとも、ハッキリしないまま、存在し続けているのって、
結構すごいことなんじゃないでしょうか。心配な方は電話占い ウィルにアクセスを!
人間の「未来を知りたい」という気持ちがそうさせるのかも知れません。