移植されたスマホゲームに感謝

看護学生の担当もいいものですよ

現役ナースの誰もが、学生時代に看護実習を経験します。

幾つかのグループに分かれて、学校の先生と一緒に数週間ずつ各科の病棟を回って実習して行きます。

小児科に二週間→外科に二週間→内科に…って感じで。

こちらで調布市 看護師求人募集の情報を公開しています。


それぞれ、行った先の科にも現場ナースの指導係がいて、学生は学校の先生と、この現場ナースに指導をうける形になるんです。

例えば内科だったら、内科で実習している間の二週間、学生1人に1人の患者さん(受けもち患者さん)を決めて、

期間中、その患者さんについての病態の理解や看護ケアについて深めていくんです。


もちろん、患者さんには、学生がつくことをお願いして、同意を得た方だけになります。


学校のレベルにもよると思いますが、期間中、学生って、かなりの調べ物をします。

下手すると徹夜に近いような日も私の学生時代はあったくらい^_^;

現場ナースは普段そこまで考えてもみないような事まで、一人の患者さんについて色々と考え、わからないことは調べたり、現場ナースに質問したり…。

春日部市の春日部市 看護師求人募集情報はこちら。


実際、私がナースになってから、実習に来てた学生さんの質問に即答できなかったこともありましたし(; ̄O ̄)

学生が実習に来ることで、ナース達も刺激をうけてるわけですね(笑)

つくば市で看護師求人情報をお探しの方はつくば市 看護師求人募集をご覧ください。


なので、患者さんの立場から考えても、学生がつくって、面倒ばかりでなく、いい事もあるのかなって思います。

自分について、それだけ注目される訳ですから。


縁起のよい話ではありませんが、もし入院した時に、学生がついてもいいですか?って聞かれたら了承するのもいいかと思います(*^^*)